For Educational Institution and Junior Green Friends

教育機関・少年団の方へ

緑の少年団の活動支援・結成

緑の少年団育成事業

県内の緑の少年団の装備及び活動に要する経費を支援します。

事業の実施主体

広島県緑の少年団連盟に加盟している緑の少年団

対象事業
区分 品名・種別 摘要
装備事業 団旗・制服・制帽・地図入れ・トランシーバー・携帯マイク・磁石・双眼鏡・テント・腰ナタ・エアマット・布バケツ・移植ゴテ・炊飯セット・携帯用スコップ・植物図鑑等 単価2万円以下
活動事業 交通費・県交流集会参加経費・会場借上代・消耗品代・燃料代等
支援内容

1団当り平均7万円、団員数に応じて変動(均等割28,000円+団員数割 約390円/団員数)

詳細は、補助金交付要綱をご覧ください。

交付要綱・様式

緑の少年団の結成

少年団を結成することについては、特に制限はありません。
子供達が自主的に活動できる範囲を目安として結成します。

少年団構成の目安
区域 学校内または地域の中で活動がしやすい範囲で結成します。
学区内でも、学区をまたがっても制限はありません。
人数 1団の人数には制限はありませんが、グループとして活動ができる範囲で決めることになります。
構成 自らの意志で団に加入しようとする者で、保護者の承諾を得た者であること
団の規則に従う精神と団員としての誇りをもつこと
年齢制限はありませんが、小学生、中学生、それに高校生も参加している少年団もあります。
団長
団の活動がスムーズに行くよう、活動の拠点づくりや装備の保管、点検、安全対策など団の運営に携わり団の財政にも責任をもつ人です。
従って、大人の人に団長になってもらうのがよいでしょう。
なお、指導者は団員10人に1人の割合でいることが望まれます。
育成会
少年団を指導するためには、指導体制や運営体制を整えることが必要です。
少年団をバックアップする育成会を設けることが望まれます。
(母体が小学校であれば、無い場合もあります。)

結成の手続き

公益社団法人広島県みどり推進機構では、「緑の募金」事業として、広島県緑の少年団連盟を通して各緑の少年団に対して、その活動費を助成しています。
従って、助成を受けるためには、広島県緑の少年団連盟に加入する必要があります。

Step1.少年団の団則の制定(必要に応じて、育成会の規約の制定)
Step2.入会届の提出

別記様式による入会届を広島県緑の少年団連盟に提出する。同時に緑の少年団調査表を提出する。
広島県緑の少年団連盟に加入すると会費(年額6,000円)を負担していただきます。
加入後、請求書をお送りします。

Step3.安全会への加入

少年団活動中に事故等によるケガや対人事故が発生した場合、傷害補償や賠償補償等が適用され、補償金が給付されます。

Step4.緑の少年団育成事業補助金交付申請書の提出(準備が出来次第)

広島県緑の少年団育成事業補助金交付要綱に基づき、新規結成時の装備費や毎年の活動費が助成されます。
補助金交付申請書を連盟事務局に提出してください。

年度 助成額
初年度 新規結成する少年団に対しては装備費及び活動費として27万円が助成されます。
2年目以降 毎年、団員数に応じて活動費が助成されます。
平等割:28,000円+団員数割:約390円/団員数(県全体の団員数により算出)

お問合せ・応募先

広島県緑の少年団連盟 事務局

〒730‐8511 広島市中区基町10-52 広島県農林水産局森林保全課内 公益社団法人 広島県みどり推進機構内

お電話でのお問合せ
受付時間/9時~17時
メールでのお問合せ

ページトップ